とらのキモチ。

愛猫「とら。」のキモチ、飼い主「とら。主」のキモチなど、いろんなキモチを独自につづるブログっす。

気長に

スポンサーリンク

前回の記事について、とら。がもしすでに生まれ変われていたならば、たとえ野良だったとしても、幸せに過ごして欲しいと願うのは変わらず。

でも、やっぱり誰かに保護されて大切にしてもらって欲しいと思う。

とら。は気はきついけど、甘えん坊で寂しがり屋さんだから。

 

f:id:torakimo:20170502133542j:image

出かけようとすると、カバンから離れなかったね。

 

どこかでまた、とら。と出会いたい。

そう思うけれど、もし縁があって違う猫と出会うことがあったとしたら、その子にとら。の面影を見ようとしてしまうかもしれない。

 

まだまだあちこちに、とら。を見てしまってる。

新しく猫を迎え入れたいと考えているけれど、

その子は、とら。じゃないのだと、心底思えるまで、その日はまだまだな気がする。

 

 f:id:torakimo:20170502134104j:image

 

f:id:torakimo:20170502134159j:image

 

f:id:torakimo:20170502134241j:image

 

f:id:torakimo:20170502134217j:image

 

f:id:torakimo:20170502134222j:image

 最後の5年くらい、仕事が忙しくなり、寂しい思いを沢山させてしまったね。

次の子には、寂しい思いをさせないように、ママの身の回りも整えて行かなくちゃね。

今、こんな風に考えるのは、

実家の母のことやとら。の病気やなんやらで、自分の定期検査に行けてなかったし、ちゃんとしにゃさい!って意味なんだね。

それらをクリアしてから。

 

その時が来るまで気長に、泣きたい時は泣いて、カニさん歩きでも進めたらいいなって。

 

f:id:torakimo:20170502135018j:image

 

©とらのキモチ。