読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とらのキモチ。

愛猫「とら。」のキモチ、飼い主「とら。主」のキモチなど、いろんなキモチを独自につづるブログっす。

ぶたチリン弟の健康診断

スポンサーリンク

とら。が病気になり、亡くなってから、弟分のとら吉の事も大切なので、健康診断に行こうと決めていたけど、何せとら。に沢山諭吉さんを使ったので、フトコロがヒジョーに寒い( ´ - ` ;)

 

ところが、とら。のおかげで有難い事に健康診断料が降ってきて(笑)、晴れて今夜行って来た。

 

とら吉の事、ご存知ない方は、こちら


保護猫ちゃん


保護猫ちゃん詳細


とら吉を保護した時は、すでに猫エイズに感染していた。

だから、とら。のドナーにはなれなかった。

けれど、元気いっぱいの坊ちゃま(笑)

 

f:id:torakimo:20161130193908j:image

びびり坊ちゃんなので、呼ばれるまで車で待機。

 

f:id:torakimo:20161130193950j:image

お姉ちゃんのお下がりのハーネス着用(笑)

 

とら。に見えて仕方ない(*´ ˘ `*)

 

とら吉、診察前

f:id:torakimo:20161130194102j:image

 

診察後

f:id:torakimo:20161130194120j:image

 

 

この表情の違い(笑)

 

とら。に血をくれた、はるちゃんがいた。

 

f:id:torakimo:20161130194222j:image

 

エコー検査も触診も異常なし。

血液を調べてもらう事になり、血液検査結果を診察室で待ってる間、

 

f:id:torakimo:20161130194307j:image

気休めチュールをもらって、少し落ち着いた頃

 

f:id:torakimo:20161130194358j:image

ぉいしょ

 

 

 

f:id:torakimo:20161130194404j:image

ボク、とら吉って言うんだ〜

とら。おねーちゃんがお世話になりました〜 

 

 

f:id:torakimo:20161130194412j:image

と、はるちゃんと話してるみたいに、2匹が鳴きあっていた。

 

結果、他は正常値だったけど、肝臓の数値だけ異様に高い事が判明。

 

保護してからみてもらってたけど、キャリアだけど、他は大丈夫だったんだけど..... 

元気だし、食欲もあり、排泄も異常ないのと、エコーで腫瘍の所見も見当たらなかった事から、腫瘍の可能性がゼロではないけど、先生の言い方では、食べ物が原因なのかもと、言う雰囲気だった。

フードは、ロイヤルカナンのオルファクトリ、獣医師さんも勧める歯石予防のグリニーズ、他にとら。の時に試したサプリメント(Dフラクションじゃないです)をとら吉にもあげてたけど、もしかしたら、それもあるかもも知れないので、フードのみとお薬で様子を見ることになった。

 

これが今わかったのは、とら。が教えてくれたんだ。

とら。が助けてくれたんだ、って娘と私は感じた。

 

今、わからなければ、合わないまま肝臓がもっと悪くなってくるかも知れない。

 

とら。は悪性の中でも悪性のガンだったから、効くと言うものは試して栄養をつけたけれど、とら吉には合わないのかも。

でもまだ何が原因なのか、ハッキリしてるわけじゃないので、お薬で、どれだけ数値が正常値に近づくのか、そこで今まで混ぜてたものを復活させて数値をはかり、原因を探るそう。

 

とら。が教えてくれた、ぶたチリン弟の危機。

とら。ありがとう!

 

f:id:torakimo:20161203091235j:image

 

様子見るね。

©とらのキモチ。